設立趣旨

湖南市防災士連絡会の設立経緯と趣旨について

湖南市では、地域とりわけ自主防災組織に防災に関する知識を有する人材を育成し、地域防災力向上の一助となるよう、平成24年度から防災士育成事業を開始、平成30年度までに地域の防災リーダーとして活躍を期待する防災士約260名を養成されてきました。

大規模地震、集中豪雨、台風の頻発等の自然災害が激増する近年、防災意識の向上とともに、地域の防災講座、防災訓練の企画運営等に参画する防災士も増えてきています。一方、防災士の中には、資格は取得したが防災士個人では活動しにくい、個人でできる活動には限界があるなどの意見も多く、防災士間のネットワーク構築が望まれていました。

一般的に大規模な災害が発生すると、ライフライン障害、同時多発する火災などへの対応から、公的な防災関係機関の活動能力(公助)が著しく低下し、迅速な対応は困難となります。防災士を構成員とする組織については、平時のみならず災害発生時においても活動を行うことから、行政から独立して自主運営できる自助・共助の枠組みが必要ですが、ネットワーク化が構築できていない状況であったため、市の支援を受けて組織化に取り組むこととなりました。

これまで、(仮称)湖南市防災会設立に向けた地域説明会(平成31年1月16日~18日)を7回開催し、各地域まちづくり協議会管轄区域内の区長、まち協会長に対して市内全地域参加の必要性、設立趣旨等を説明するとともに、7つのまち協管轄区域から防災士の代表各2名合計14名を委員として推薦いただき、平成31年2月23日から令和元年9月19日までの間に設立準備会の会議を4回開催し、規約案等について検討を重ねてきました。

このようにして、市内43区全区参加のもと、防災士間のネットワーク構築による情報共有と互いのスキルアップを通し更なる地域防災力の向上を図ることを目的として、湖南市防災士連絡会を設立することとなりました。

 

会長挨拶

令和元年11月17日

会長を仰せつかりました曽我部でございます。

何分、浅学非才、微力の身ではございますが、副会長はじめ役員、会員の皆様のご支援、ご協力、また、湖南市危機管理・防災課を始めとします関係機関の助言、ご指導を賜りまして、努めてまいります。皆様の、ご指導・ご鞭撻をよろしくお願いします。

皆さんご存知のように、防災の基本、防災士の理念は「自分の命は自分で守る」、「助けられる人から助ける人へ」です。

今年襲った台風・集中豪雨では、防災の課題、教訓がいくつも取り上げられ議論されております。中でも、「ハザードマップの理解・活用」、「自分は大丈夫だという人の正常バイアス・アンカリングといった心理による、非難のスイッチを入れる難しさ」、「避難情報発令の工夫」などは、私が防災士として注視する内容です。

風水害の場合ですが、気象予報技術、科学の進展により、かなり早いタイミングから精度の高い情報が得られます。自分の命を守るには、こういった情報、知識を、関心・知識レベルにとどめることなく、命を守る行動に移す仕掛け作りが必要と考えております。例えば、「浸水想定地域」、「土砂災害警戒区域」など災害発生が具体的に想定されている地域にいる人々は、自分の逃げ方、自分のタイムラインつまり個人の避難行動計画を作る、 これらは、内閣府のガイドラインにもあり、また行政主体で取り組んでいる自治体もありますが、推奨・啓発においては我々防災士の出来ることと考えております。

冒頭、本会設立の経緯・趣旨にもありましたが、湖南市の防災士育成事業により、約260名の防災士が誕生しました。私ども防災士は、各地域で、持ち場・立場で、地域防災・減災力向上の活動を行っておりますが、自然災害が多発する近年では、防災リーダーとしての活動への期待が益々増えてきております。本会防災士は「助けられる人から助ける人へ」を目指します。

本連絡会は、災害にあっても、ひとりの犠牲者も地域から出さないという強い信念をもって、43区全ての防災士が1)英知を結集し、2)知識を見識・胆識に高め、3)また技能の研鑽に努め、4)意見・情報交換などを通して、

各地域・各区の会員・防災士の活動を推進できる環境の整備、また活動を起こす後押し・活性剤となるような事業を展開していきたいと考えております。

最後になりますが、改めて、皆様のご理解・ご協力を切にお願いしまして、設立のご挨拶とさせていただきたいと思います。

ありがとうございました。