「普通救命講習会」開催しました!(令和4年度スキルアップ技能講習事業)

本年度のスキルアップ技能講習事業「普通救命講習」が実施されました。

「普通救命講習」は、本会防災士の必須技能講習と位置づけ、毎年のスキルアップ技能講習事業項目としていますが、ここ3年間、コロナ禍により消防署など公共機関による講習会は開催されていなく、受講の機会がありませんでした。
今年度は、公的講師資格(応急手当普及員)を有する本会会員(竹澤サイドタウン幹事・スキルアップ委員会委員長)が本会会員対象の講習会開催を企画し、湖南市中央消防署の承認を得て5月から毎月1回、9月までの5回開催し湖南市防災士育成事業対象の新規防災士8名および再講習の本会会員40名が受講することができました。
受講者には、甲賀広域行政組合消防本部から「普通救命講習修了証」が発行されます。

”要救助者を発見したら、誰もが助けられるひとに!応急手当てができるひとに! 普通救命の技能を身に着け、また広めていきましょう!”

 

9/11/2022開催(第5回目・最終回)の模様です。

応急手当講習テキスト、マウスピース、PR資料などが受講者に提供されました

まずは、講師竹澤氏からビデオを視聴しながらの講義。受講者全員聞き入ってます

「胸骨圧迫」講義の内容を実技で指導する竹澤氏①

講義の内容を実技で指導する竹澤氏②

受講者、2グループ(5人/グループ)に分かれて実技講習

実技演習中の受講生とアドバイスする竹澤氏

実技演習中の受講生とアドバイスする竹澤氏
実技演習中の受講生….「みなさん、危険ですから離れてください………]

 

「腹部突き上げ法」実技演習

 

 

「回復体位」について指導する竹澤氏と熱心に聞き入る受講生のみなさん

講師の竹澤氏、受講者のみなさん、ご苦労様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。